フォト
無料ブログはココログ

« 「褒める」と「ご褒美」 その2 | トップページ | 完璧なおすわり »

2010年12月 3日 (金)

「褒める」と「ご褒美」 その3

今日はトリミングに行ってきたんだから~

001

・・・ちょっと疲れちゃったけど。

ご褒美の種類、の話をしてたんだっけ?

おやつも「いいこね」っていう言葉もご褒美になるけど、笑顔も視線もご褒美になるんだ。

ご褒美、って・・・言い換えると「報酬」ってことだよね?

この報酬・・・なかなか奥が深いんだから。

ぼくたちワンコは、ぶっちゃけ「損か得か?」「「魅力的な報酬か?」を判断して

得な方、報酬の得られる方を自動的に選んで行動するイキモノなんだ。

 ☆ 座ったらおやつがもらえた=いいこと=「得した」

 ☆ 立ってたらおやつがもらえなかった=いいことがなかった=「損した」

ってことなんだけど・・・

「なんか打算的ねー」って思った?

でもね、人間と犬とは脳の構造が違うからこうなるんだってさ。

たとえば「お散歩行きたい!ってワンワン吠えたらお散歩に連れて行ってもらえた」

っていう経験をすると「吠えた→お散歩(=報酬が得られた)」って覚えちゃう。

「人間のごはんの時おねだりをしたら、おすそ分けをもらえた」

っていう経験をすると「おねだり→おいしい!(=報酬が得られた)」って覚えるんだ。

・・・ってことは。

スリッパを噛んで遊んでいる子犬に対して、それを叱ってやめさせようと追いかけたら

「スリッパを噛む→追いかけて遊んでくれた!(=報酬が得られた)」ってことにも・・・

だから、犬がどうやって物事を覚え考えるか?を学ぶことは

お互いのよりよい理解のために大切なことなんだね。

002

・・・今日はなんだか疲れちゃった。

続きはまた今度ね(^_-)-☆

« 「褒める」と「ご褒美」 その2 | トップページ | 完璧なおすわり »

しつけのポイント」カテゴリの記事

しつけ方教室でのこと」カテゴリの記事

コメント

そうそう!
他によくあるパターンでは…

飼い主が外出先から帰宅した時の犬の飛びつき
「ただいま~」って帰って来た時、犬が狂喜乱舞で大歓迎。盛んに飼い主に飛びついて喜びを表現する状況というのがありますが、そんな飛びつきを止めさせたいのに、いくら叱っても止めないと言って悩んでいる方がおられます。

そんな飼い主さんのパターンは、「ダメよ!ジョンちゃん!いけません!やめて!」とやたら高い声を出して叱り、犬を軽く足で蹴ってみたり、走って逃げたりして、余計に犬を興奮させてるような気がします。
こんな反応も、犬にとっては「ママが遊んでくれた」としか思ってないはず。
「ダメよ!やめて!」といくら言っても、犬にしてみれば、ママも喜んで遊びに誘ってくれてるとしか思えません。「楽しいご褒美」になっちゃってるんですよね~
「オスワリ」+「マテ」で解決できるのにね。

>ポチさん。

そそ、「オスワリ」&「マテ」は必須アイテムなんだからー\(^o^)/
このふたつで、ずいぶんいろんなことができるよね。

そんなのカンタン!って思ってても、案外ちゃんとできてなかったり
効果的に使えてなかったりするケースが多いけど
完璧なオスワリとマテができたら、相当ハイレベルなおりこうワンコだよね。

完璧なオスワリとマテ!!そうなんです!!
私の大好きな「犬と一緒の椅子取りゲーム」はまさにそれ!!

「オスワリ」+「マテ」
「フセ」+「マテ」
「立って」+「マテ」

この3種を使って椅子取りゲームをするのです。(音楽が止まったら犬にコマンドをかけ待たせておいて、飼い主が椅子を取る。犬が動いたら失格ってゲームね)
犬の運動会…楽しいよ!芦屋でもやりたいなぁ~♪(*^_^*)

>ポチさん。

椅子取りゲーム!楽しそうだね~
でもぼくは「立って待て」なんて、できないかも・・・
ついオスワリしちゃうんだ・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「褒める」と「ご褒美」 その2 | トップページ | 完璧なおすわり »