フォト
無料ブログはココログ

« ねこのこと | トップページ | 「褒める」と「ご褒美」 その2 »

2010年11月30日 (火)

「褒める」と「ご褒美」 その1

昨日は年内最後のしつけ方教室だったんだから。

県の動物愛護センターから、二人の先生が来てくれたんだから。

Situke1129_001_2

で、おすわりや伏せの教え方を指導してくれたんだけどね

そのとき、オトコ先生が「もっと撫でてください、ちゃんと褒めてあげてください」

って言ってたんだけど・・・

ぼくのおかあさん、実は前回のしつけ方教室では正反対のこと言ってるんだ。

「いちいち撫でなくてもいいですよ。もっと声で褒めてあげてください」って。

あれ?って思うでしょ?でもね・・・

実は、オトコ先生もおかあさんも、同じことを言ってるんだから。

つまり「褒める」ことの重要さと多様性、ね。

ぼくたち犬は、褒められたりいいことがあったりした、その直前の行動を覚えるんだ。

だから座った直後にご褒美がもらえたら、座ればいいことがある!って覚えるんだね。

・・・で、今回しつけ方教室ではおやつを使って「褒める」を形にしたんだけど

褒める方法は他にも、撫でるとか、「いいこね」「Good!」などの声をかけるとか

いろんな方法があるんだよ、ってことをオトコ先生は言ってて

でもモデル犬のマックくんみたいなサイズなら撫でるのもいいんだけど

ぼくらみたいなちっちゃいワンコは、撫でるために飼い主さんがかがむのが

怖いと感じる場合もあるから、撫でるんじゃなく声で褒めましょう、って言ったんだ。

Situke1129_013

(マックくんは足も長いし背も高いからねー・・・)

撫でるのも、「いいこ~」「そうそう」「Good!」とかの声をかけるのも

褒められてる!ってワンコにわかることがだいじなんだから。

・・・この話・・・長くなるから続きはまた今度ね(*゚▽゚)ノ

« ねこのこと | トップページ | 「褒める」と「ご褒美」 その2 »

しつけのポイント」カテゴリの記事

しつけ方教室でのこと」カテゴリの記事

コメント

教室では、褒めることのむずかしさを感じますね~
あれは慣れたら簡単なことなんだけど、瞬時に声掛けすること(オヤツをあげるのも撫でてあげるのも)がなかなか大変みたい。
そういうことを考えると、クリッカーを使ってみるのも良いかもね。それはそれで難しいんかな?
それと…飼い主が名前を呼んでも無視する犬が多いのが気になります。
お外だと他の犬や他の誘惑物があるので、好奇心旺盛な若いワンちゃんにはある程度は仕方ないにしても… おうちではホントに名前呼ばれて反応してるのかなぁ?とちょっと心配。(^^ゞ

>ポチさん。

そう・・・飼い主さんがみんな「褒め慣れてない」感じがするんだから。
ぼくたちワンコは褒められて伸びるイキモノだから、もっと褒めて欲しいんだから。

でもそれには飼い主さんがどれだけワンコをよく観察してるか?がだいじなんだって。
ちゃんとワンコを見て、恥ずかしがらずに褒めるんだって。
よくできたワンコと競争するくらいの勢いで、速攻で即座に褒める感じ?

ま、そんな話もボチボチ・・・ね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ねこのこと | トップページ | 「褒める」と「ご褒美」 その2 »